HOME

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
実験動物研究資源バンク

このホームページでは,国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 疾患モデル小動物研究室が行っている実験動物研究資源バンク業務や研究内容について解説しております。

新着情報

  • 2015年4月1日(水):(独)医薬基盤研究所は、(独)国立健康・栄養研究所と統合し、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所と改称されました。
  • 2015年3月2日(月):新たに15系統のマウスの分譲を開始しました。また、実験動物研究資源バンクの利用に必要な書類作成を支援する自動文書作成システムも是非ご利用ください。

実験動物資源のデータベースJMSRへの参加

当バンクの実験動物の系統情報はJMSR(Japan Mouse/Rat Strain Resources Database)にも登録されております。 詳しくはJMSRのページをご覧下さい。

待ち時間情報

マウス分譲 2-3ヶ月後にマウス輸送*
保護預かりサービス 凍結胚・凍結精子作製サービス お問い合わせ下さい
凍結胚からの生体作出サービス 2-3ヶ月後にマウス輸送
凍結精子からの生体作出サービス 4-5ヶ月後にマウス輸送

*ただし,SCG/ThpNkcマウスについてはお問い合わせください。

Cover Image