HOME > マウス一覧 > GLUT4-ERE2,3/Aマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio078
系統名 GLUT4-ERE2,3/A
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 (独)国立健康・栄養研究所 基礎栄養プログラム
樹立者 三浦 進司 先生
寄託者 三浦 進司 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

マウスGLUT4のエクソンとイントロンを含む全遺伝子(3'-にCAT遺伝子の一部を挿入)と、-3,000bp(-517と-513の間に点変異導入)までの5'-上流領域をあわせた遺伝子を発現させたマウス。GLUT4のプロモーター解析に使用可能である。GLUT4は糖輸送体の一つであり、筋肉や脂肪組織における糖の取り込みの律速段階となり、血糖の恒常性に重要な役割を果たしている。GLUT4の発現量の増大/低下が糖尿病の予防/発症と関連していることから、本マウスは糖尿病関連研究に有用である。

参考文献
  1. Ikemoto S, Thompson KS, Itakura H, Lane MD, and Ezaki O. Expression of an insulin-responsive glucose transporter (GLUT4) minigene in transgenic mice: Effect of exercise and role in glucose homeostasis. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 92, 865-869 (1995). [PMID: 7846068]
  2. Tsunoda N, Cooke DW, Ikemoto S, Maruyama K, Takahashi M, Lane MD, and Ezaki O. Regulated expression of 5′-deleted mouse GLUT4 minigenes in transgenic mice: effects of exercise training and high-fat diet. Biochem. Biophys. Res. Commun. 239, 503-509 (1997). [PMID: 9344860]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Glut4
遺伝子名 Glucose transporter type 4
genotyping情報