HOME > マウス一覧 > GM1syマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio015
系統名 GM1sy
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6NCr Slc
由来 医薬基盤・健康・栄養研究所(国立感染症研究所)
樹立者 松田 潤一郎
寄託者 松田 潤一郎
分譲条件 無条件 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

ガングリオシドGM1合成に関わる、マウスGM1/GA1合成酵素(β1,3-ガラクトース転移酵素)遺伝子を導入したトランスジェニックマウスである(CAGプロモーターを利用)。バックグラウンド系統であるC57BL/6マウスでは肝臓ではGM1は合成されないが、この遺伝子を導入したマウスの肝臓では、GM1の合成が認められる。

参考文献
保存情報
精子 自家 遺伝子型 Tg/+
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型 Tg/+
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 B3galt4
遺伝子名 beta-1,3-galactosyltransferase 4
genotyping情報