HOME > マウス一覧 > HRマウス

マウス詳細データ: HRマウス

系統情報

資源番号
nbio003
系統名 HR
正式名称
略称・別名
hairlessマウス, 脱毛モデルマウス
系統分類 inbred
バックグラウンド系統
由来 東京大学医科学研究所
樹立者 不明
寄託者
分譲条件 無条件(発表時は東京大学医科学研究所由来であることを明記) 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細
HRマウスの写真

脱毛は発見されやすいため、これまでに脱毛を特徴とするマウスが数多く報告されているが、 本系統はアメリカより東京大学医科学研究所に導入されたヘアレスマウス(詳細不明)よりヘアレス遺伝子(Hrhr)が医科学研究所にてBALB/cに導入されたものである。 その後1981年に国立予防衛生研究所/国立感染症研究所に導入され、胚凍結されたものが分譲対象となっている。

このHRマウスは胎生期から始まる第1毛周期は正常であるが、2-3週齢に頭部から尾部に向かって始まる第2毛周期がない。それゆえ、2-3週齢に達するまでは被毛があるが、その後頭部から尾部に向けて脱毛するという特徴がある。

当バンクの調査により,HRマウスはHRS/JやSkh:HR-1,Hos:HR-1などのヘアレス系統と同様のhairless変異を有していることが判明し,その変異の解析から遺伝子型判定用PCRを考案した(Ref. 4)。

基本的にホモ系(脱毛)マウス雌は保育ができないため(乳腺異常によると思われる)、系統維持はヘテロ系(有毛)雌マウスとホモ系(脱毛)雄マウスとの交配による。紫外線、化学変異原に高感受性で皮膚腫瘍が生じやすいことから、皮膚関連の研究に用いられる。

毛周期について
毛周期の参考図

毛周期は成長期 (Anagen)、退行期 (Catagen)、休止期 (Telogen) の3つの時期からなる(参考図, Ref.1)。成長期には、毛母細胞が増殖し毛をつくる。退行期には毛母細胞がアポトーシスによって消失する。このアポトーシスにはTGF-beta1が関与している (Ref. 2)。続いて休止期に入る。一定時間が経過すると再び毛母細胞が増殖し、古い毛が抜けて新しい毛が生える成長期に入る。

参考文献
  1. Alonso L, Fuchs E. The hair cycle. J Cell Sci. 2006 Feb 1;119(Pt 3):391-3. Review.
  2. Foitzik K, Lindner G, Mueller-Roever S, Maurer M, Botchkareva N, Botchkarev V, Handjiski B, Metz M, Hibino T, Soma T, Dotto GP, Paus R. Control of murine hair follicle regression (catagen) by TGF-β1 in vivo. FASEB J. 2000; 14(5):752-760.
  3. Fukui M, Ito K, Kawamura S, Sudo K, Suzuki K. Glomerular changes in hairless mice: a light, immunofluorescent and electron microscopic study. Jpn J Exp Med 1975;45: 535-540.
  4. Suzuki O, Koura M, Noguchi Y, Uchio-Yamada K, and Matsuda J (2013) Zygosity determination of hairless mice by PCR based on Hrhr gene analysis. Exp. Anim. 62:267-273.

保存情報

精子 自家 遺伝子型 hr/hr
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法 IVF : (hr/+) ♀ x (hr/hr) ♂
遺伝子型 hr/hr, hr/+
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月

遺伝子情報

作出方法 spontaneus mutation
遺伝子記号 Hr
遺伝子名 hairless
genotyping情報 Genotyping PCR for Hr alleles in PDF format.