HOME > マウス一覧 > IRD2マウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio175
系統名 IRD2
正式名称
略称・別名 ICR-derived retinal dysfunction 2マウス
系統分類 outbred
バックグラウンド系統
由来 武田薬品工業株式会社
樹立者 宮本 実 先生
寄託者 宮本 実 先生
分譲条件 利用者は研究成果の公表に当たり寄託者の指定する文献 (1, 2, 3) を引用する。
利用希望があった場合、寄託者に利用希望先を開示(提供承諾書は不要)
分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

IRD2マウスは自然発生性の遺伝性杆体機能不全を示し、遅発性かつ進行性の網膜変性を呈する。またGnat1遺伝子のnonsense mutationによるTrα蛋白質の欠損を示し、これが杆体機能不全の原因と考えられる。錐体機能は正常である。本マウスは遺伝性の網膜疾患の研究に有用と考えられる。由来系統は、Crj:CD-1(ICR)である。なお、杆体と錐体の両方の機能不全を示すIRD1マウスも分譲可能である。

参考文献
  1. Miyamoto M, Aoki M, Sugimoto S, Kawasaki K, Imai R. IRD1 and IRD2 mice, naturally occurring models of hereditary retinal dysfunction, show late-onset and progressive retinal degeneration. Curr Eye Res. 2010 Feb;35(2):137-45.PMID: 20136424
  2. Miyamoto M, Aoki M, Hirai K, Sugimoto S, Kawasaki K, Imai R. A nonsense mutation in Gnat1, encoding the alpha subunit of rod transducin, in spontaneous mouse models of retinal dysfunction. Exp Eye Res. 2010 Jan;90(1):63-9. Epub 2009 Sep 17. PMID: 19766629
  3. Miyamoto M, Imai R, Sugimoto S, Aoki M, Nagai H, Ando T. Visual electrophysiological features of two naturally occurring mouse models with retinal dysfunction. Curr Eye Res. 2006 Apr;31(4):329-35. PMID: 16603466
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 spontaneus mutation
遺伝子記号 Gnat1
遺伝子名 Guanine nucleotide binding protein, alpha transducing 1
genotyping情報