HOME > マウス一覧 > MacATF3 Tg #35

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio137
系統名 MacATF3 Tg #35
正式名称
略称・別名
マクロファージ特異的ATF3トランスジェニックマウス#35
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 東京医科歯科大学難治疾患研究所
樹立者 小川 佳宏 先生
寄託者 小川 佳宏 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

ATF/CREBファミリーに属する塩基性ロイシンジッパー型転写因子であるヒトATF3 (activating transcription factor-3) を、ヒトSR-A(スカベンジャーレセプターA)プロモーター制御下にマクロファージ特異的に過剰発現するマウスである。トランスジェニックマウスは、対照野生型マウスと比較して、肥満の脂肪組織におけるマクロファージの炎症性サイトカイン産生が低下しており、マクロファージの活性化が抑制されている。肥満あるいはメタボリックシンドロームによる脂肪組織の炎症性変化の病態生理解明に有用なマウスである。#25と#35の2ラインあり、マクロファージのATF3蛋白レベルが野生型に比べ、それぞれ3倍と2倍である。

参考文献
  1. Suganami T, Yuan X, Shimoda Y, Uchio-Yamada K, Nakagawa N, Shirakawa I, Usami T, Tsukahara T, Nakayama K, Miyamoto Y, Yasuda K, Matsuda J, Kamei Y, Kitajima S, Ogawa Y. Activating transcription factor 3 constitutes a negative feedback mechanism that attenuates saturated Fatty acid/toll-like receptor 4 signaling and macrophage activation in obese adipose tissue. Circ Res. 2009 Jul 2;105(1):25-32. [pubmed-id:19478204]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Atf3 (LRG-21)
遺伝子名 Activating transcription factor 3
genotyping情報