HOME > マウス一覧 > Col11a2-LacZflox-Smad7マウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio127
系統名 Col11a2-LacZflox-Smad7
正式名称

略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 京都大学iPS細胞研究所
樹立者 妻木 範行 先生
寄託者 山中 伸弥 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

軟骨細胞特異的にSmad7を発現させるconditional transgenic mouseシステム(Cre/loxPシステム)で用いるfloxマウスである。組織特異的時期特異的にCre酵素を発現するトランスジェニックマウスと交配することで、さまざまなステージの軟骨細胞においてSmad7を過剰発現させることができる。トランスジーンは、Col11a2(XI型コラーゲンα2鎖遺伝子)promoterとSmad7 cDNAの間にLacZ遺伝子が挿入されており、さらにLacZ遺伝子を挟むようにloxP配列が導入されている。従って、このマウス単独では軟骨細胞特異的にLacZを発現するが、Cre酵素存在下ではLacZ遺伝子が切り取られ、Smad7を軟骨細胞特異的に発現するようになる。
 骨・軟骨形成に重要な骨形成因子 (bone morphogenetic protein, BMP) のシグナル伝達におけるSmad7の生体での役割解明に有用なマウスであり、整形外科運動器疾患の治療に向けた基礎研究に貢献することが期待される。なお、SmadはTGF-βスーパーファミリーの増殖分化因子の細胞内シグナルを伝達する蛋白質で、その機能から特異型Smad、共有型Smad及び抑制型Smadに分類されており、Smad7は抑制型Smadである。

参考文献
  1. Iwai T, Murai J, Yoshikawa H, Tsumaki N (2008) Smad7 Inhibits chondrocyte differentiation at multiple steps during endochondral bone formation and down-regulates p38 MAPK pathways. J Biol Chem 283:27154-27164. [PMID: 18644788]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 conditional transgenic
遺伝子記号 Smad7
遺伝子名 SMAD family member 7
genotyping情報