HOME > マウス一覧 > TgG3Sマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号 nbio232
系統名 TgG3S
正式名称
略称・別名 ヒトGb3合成酵素Tgマウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 大分大学 医学部 マトリックス医学講座
樹立者 石井 達
寄託者 石井 達
分譲条件 無条件 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

全組織でヒトGb3合成酵素(α1,4-galactosyltransferase)が高発現しているトランスジェニックマウスであり、α-ガラクトシダーゼ A欠損マウスと交配することでファブリー病の病態を示すマウスを作出できる。

参考文献
  1. Shiozuka C., Taguchi A., Matsuda J., Noguchi Y., Kunieda T., Uchio-Yamada K., Yoshioka H., Hamanaka R., Yano S., Yokoyama S., Mannen K., Kulkarni AB., Furukawa K., Ishii S. Increased globotriaosylceramide levels in a transgenic mouse expressing human α1,4-galactosyltransferase and a mouse model for treating Fabry disease. J Biochem.149(2):161-170, 2011.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 A4GALT
遺伝子名 α1,4-galactosyltransferase
genotyping情報