HOME > マウス一覧 > ATF4 KOマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio056
系統名 ATF4 KO
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 大阪大学微生物病研究所
樹立者 審良 静男 先生
寄託者 審良 静男 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

ATF/CREBファミリーに属する塩基性ロイシンジッパー型転写因子であるATF4 (activating transcription factor-4) を欠損したノックアウト (KO) マウスである。
 ATF4 KOマウスの眼球は胎齢14.5日までは正常な水晶体構造を示すが、その後水晶体線維細胞の発生分化の異常により水晶体の変性をきたすため、ATF4 KOマウスは重度の小眼球症を呈する。

ATF4 KOマウスの小眼症
正常個体(正常な眼)

正常個体

ATF4 KOマウス(小眼症)

ATF4 KOマウス(小眼症)

参考文献
  1. Tanaka T, Tsujimura T, Takeda K, Sugihara A, Maekawa A, Terada N, Yoshida N, Akira S. Targeted disruption of ATF4 discloses its essential role in the formation of eye lens fibres. Genes Cells. 1998 Dec;3(12):801-10.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Atf4 (C/ATF, CREB2, TAXREB67)
遺伝子名 Activating transcription factor 4 (C/EBP-related ATF, cAMP-responsive element-binding protein 2, tax-responsive enhancer element B67)
genotyping情報