HOME > マウス一覧 > B10A.Bcgrマウス

マウス詳細データ: B10A.Bcgr

系統情報
資源番号
nbio267
系統名 B10A.Bcgr
正式名称
略称・別名
系統分類 congenic
バックグラウンド系統 C57BL/10.A
由来 Department of Biology, University of California
樹立者 D. Radzioch
寄託者 水野文子(奈良県立医科大学)
分譲条件 無条件 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

ウシ型結核菌(BCG)、Salmonella typhimuriumLeishmania donovaniに対するマウス感受性を決める遺伝子(マクロファージの膜タンパク質遺伝子Nramp1、正式遺伝子名Slc11a1)の抵抗性変異BcgrをC57BL/10.A系統に導入したコンジェニックマウスであり、上記病原体に抵抗性となっている。

参考文献
  1. Nesbitt MN, Skamene E. Recombinant inbred mouse strains derived from A/J and C57BL/6J: a tool for the study of genetic mechanisms in host resistance to infection and malignancy. J Leukoc Biol. 1984, 36(3):357-64.
  2. Radzioch D, Hudson T, Boulé M, Barrera L, Urbance JW, Varesio L, Skamene E. Genetic resistance/susceptibility to mycobacteria: phenotypic expression in bone marrow derived macrophage lines. J Leukoc Biol. 1991, 50(3):263-72.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子
凍結胚
生体 要相談(当面生体のみの分譲となります)
遺伝子情報
作出方法 spontaneous mutation
遺伝子記号 Slc11a1
遺伝子名 solute carrier family 11 (proton-coupled divalent metal ion transporters), member 1
genotyping情報