HOME > マウス一覧 > B6.ICGN-C1raC1s1C1rbマウス

マウス詳細データ: B6.ICGN-C1raC1s1C1rbマウス

系統情報
資源番号 nbio323
系統名 B6.ICGN-C1raC1s1C1rb
正式名称
略称・別名
系統分類 congenic
バックグラウンド系統 C57BL/6J Jcl
由来 医薬基盤・健康・栄養研究所 疾患モデル小動物研究室
樹立者 内尾こずえ
寄託者 内尾こずえ
分譲条件 指定文献の引用。MTA締結が必要。分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

補体古典的経路の成分C1s1の完全欠損およびC1ra,C1rbの部分欠損を有するマウス(図参照) 。肝においてC1ra-C1rb融合タンパクが発現しているが、血中でC1rは検出されず、C1r/C1s欠損マウスとして利用できる。

遺伝子構成
参考文献
  1. Uchio-Yamada K, Tanaka M, and Manabe N. (2018) C1r/C1s deficiency is insufficient to induce murine systemic lupus erythematosus. Genes Immun. (in press):. [PMID:29550838]
  2. Tamura K, Uchio-Yamada K, Manabe N, Noto T, Hirota R, Unami A, Matsumoto M, and Miyamae Y. (2013) Gene expression analysis detected a low expression level of C1s gene in ICR-derived glomerulonephritis (ICGN) mice. Nephron Exp. Nephrol. 123(3-4):34-45. [PMID:23989031]
保存情報
精子自家遺伝子型
凍結方法
他機関遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間凍結精子
凍結胚
生体 生体のみ(要相談)
遺伝子情報
作出方法 congenic
遺伝子記号 C1ra, C1s1, C1rb
遺伝子名 Complement component 1, r subcomponent A; Complement component 1, s subcomponent 1; Complement component 1, r subcomponent B
genotyping情報
/html>