HOME > マウス一覧 > BALB-SR-PSOXマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio197
系統名 BALB-SR-PSOX
正式名称
略称・別名 BALB-CXCL16
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 BALB/c
由来 京都大学大学院 生命科学研究科 高次遺伝情報学分野
樹立者
寄託者 米原 伸
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

SR-PSOX/CXCL16のノックアウトマウスであり、遺伝的バックグラウンド系統はBALB/cである。なお、C57BL/6が遺伝的バックグラウンドであるB6-CXCL16マウス (nbio196) も利用可能である。スカベンジャーレセプターとしてクローニングされた分子SR-PSOXは、NKT細胞や活性化T細胞の遊走に関わる膜貫通型ケモカインCXCL16と同一分子であり、ノックアウトマウスでは、NKT細胞の肝臓へのホーミングが阻害され、肝臓のNKT細胞数が減少している。また、このマウスでは、ConA誘導肝炎の発症が抑制される。さらにこのマウスの研究から、抗原提示細胞に発現するSR-PSOXがNKT細胞からのIFN-γ産生を促し、Th1タイプ免疫反応を誘導することに必要であることが明らかとなっている。SR-PSOX/CXCL16の活性を制御することにより、細菌やウイルスの感染時等にTh1タイプの免疫反応を制御できる可能性が考えられている。

参考文献
  1. Shimaoka T, Seino K, Kume N, Minami M, Nishime C, Suematsu M, Kita T, Taniguchi M, Matsushima K, Yonehara S.Critical role for CXC chemokine ligand 16 (SR-PSOX) in Th1 response mediated by NKT cells. J Immunol. 2007 Dec 15;179(12):8172-9.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Cxcl16
遺伝子名 chemokine (C-X-C motif) ligand 16
genotyping情報