HOME > マウス一覧 > BKマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio018
系統名 BK
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6NCr Slc
由来 医薬基盤・健康・栄養研究所(国立感染症研究所)
樹立者 松田 潤一郎
寄託者 松田 潤一郎
分譲条件 無条件 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

GM1ガングリオシドーシス幼児型に認められる変異型ヒトβ-ガラクトシダーゼ (β-Gal) 遺伝子R201Cを発現するマウスがGalBである(CAGプロモーターを利用)。BKマウスは、β-Gal KOマウス (BKO) にヒトβ-Gal R201Cを導入したマウスであり、GM1ガングリオシドーシス幼児型モデルマウスとして、Chemical chaperoneによる新規治療法開発に用いられている。

参考文献
  1. Matsuda J, Suzuki O, Oshima A, Yamamoto Y, Noguchi A, Takimoto K, Itoh M, Matsuzaki Y, Yasuda Y, Ogawa S, Sakata Y, Nanba E, Higaki K, Ogawa Y, Tominaga L, Ohno K, Iwasaki H, Watanabe H, Brady RO, Suzuki Y (2003) Chemical chaperone therapy for brain pathology in GM1-gangliosidosis. Proc Natl Acad Sci USA, 100: 15912-15917.
保存情報
精子 自家 遺伝子型 Tg/+, β-Gal (+/-)
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型 Tg/+, β-Gal (+/-), β-Gal (-/-)
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic + knockout
遺伝子記号 Glb1
遺伝子名 galactosidase, beta 1
genotyping情報