HOME > マウス一覧 > Cataract/Nakano

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio252
系統名 Cataract/Nakano
正式名称
略称・別名 中野白内障マウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 不明
由来 北里大学医学部 実験動物学(国立予防衛生研究所由来)
樹立者 中野 健二 先生
寄託者 古舘 専一 先生
分譲条件 研究成果発表時に謝辞表明。提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

白内障を自然発症する突然変異マウスである。国立予防衛生研究所獣疫部実験動物第一室の中野健二が、BP系 x Wavy系の維持継代過程で突然変異として発見したマウスに由来する。常染色体劣性遺伝様式を取る。最近、白内障の原因遺伝子がヘム合成系酵素コプロポルフィリノーゲン酸化酵素をコードするCpox遺伝子であることが示されている。

Cataract/Nakanoマウスの写真
参考文献
  1. 中野健二、山本碩三、沓掛源四郎、小川秀正、中島章、高野英子、マウスの遺伝的白内障について。臨床眼科14巻:1772頁, 1960年
  2. Mori M, Gotoh S, Taketani S, Hiai H, Higuchi K. Hereditary cataract of the Nakano mouse: Involvement of a hypomorphic mutation in the coproporphyrinogen oxidase gene.Exp Eye Res. 2013 Jul;112:45-50.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型 nct/nct
凍結方法 緩慢凍結法(横山峯介)
分譲までの期間 凍結精子
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法
遺伝子記号 Cpox
遺伝子名 coproporphyrinogen oxidase
genotyping情報