HOME > マウス一覧 > EdnrA-EGFPマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio194
系統名 EdnrA-EGFP
正式名称
略称・別名
EdnrA(EGFP/+)マウス, ETAR-EGFPマウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6Cr Slc
由来 東京大学大学院医学系研究科 代謝生理化学教室
樹立者 栗原 裕基 先生
寄託者 栗原 裕基 先生
分譲条件 利用者は研究成果の公表に当たり寄託者の指定する文献を引用する。
提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

内皮由来血管収縮ペプチドとして知られるエンドセリンのレセプターの1種であるEdnra (endothelin receptor type A) は、神経堤由来組織の胚発生においても重要な役割を演じていることがわかってきている。Ednraをノックアウトすると顎顔面発生期における下顎の発生や心血管発生期における心臓の形態形成に異常が見られ、ホモ個体は出生直後に死亡が確認される。EdnraアリルにEGFPを導入した本系統はEdnra発現細胞の可視化が可能となり、胎児期のEdnra発現細胞の観察に有益である。このマウスの遺伝的背景系統は、C57BL/6Cr Slcである。同様にLacZを導入したEdnrA-LacZマウスも分譲可能である。

参考文献
  1. Sato, T., Kurihara, Y., Asai, R., Kawamura, Y., Tonami, K., Uchijima, Y., Heude, E., Ekker, M., Levi, G., Kurihara, H. (2008). An endothelin-1 switch specifies maxillomandibular identity. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 105, 18806-11. PMID: 19017795
  2. Sato, T., Kawamura, Y., Asai, R., Amano, T., Uchijima, Y., Dettlaff-Swiercz, D.A., Offermanns, S., Kurihara, Y. and Kurihara, H. (2008). Recombinase-mediated cassette exchange reveals the selective use of Gq/G11-dependent and -independent endothelin 1/endothelin type A receptor signaling in pharyngeal arch development. Development 135, 755-65.  PMID: 18199583
  3. Asai R, Kurihara Y, Fujisawa K, Sato T, Kawamura Y, Kokubo H, Tonami K, Nishiyama K, Uchijima Y, Miyagawa-Tomita S, Kurihara H. (2010). Endothelin receptor type-A expression defines a distinct cardiac subdomain within the heart field, with a later implication of this signaling pathway in chamber myocardium formation. Development. 137, 3823-3833.  PMID: 20929948
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockin
遺伝子記号 Ednra, EGFP
遺伝子名 Endothelin receptor type A, enhanced green fluorescent protein
genotyping情報