HOME > マウス一覧 > C57BL/6-Tg(EGFP/E8)Kyoマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio224
系統名 C57BL/6-Tg(EGFP/E8)Kyo
正式名称 C57BL/6-Tg(EGFP/E8)Kyo
略称・別名 EGFP/E8 Tg
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 京都大学 生命科学研究科 高次遺伝情報学分野
樹立者
寄託者 酒巻 和弘
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

Cre存在下で、EGFPからウマヘルペスウイルス2型E8への組換えが行われ、E8たんぱく質が産生されるトランスジェニックマウスである。E8たんぱく質のアミノ基末端にFlagタグが付加されているため(参考文献)、Flag抗体を用いてたんぱく質の有無を判定することが可能である。また、このマウスは紫外線照射で皮膚の緑色蛍光 (GFP) を検出可能である。ウマヘルペスウイルス2型のE8たんぱく質は、アポトーシス阻害タンパク質として知られるFLIP (FLICE/caspase-8-Inhibitory Protein) であり、本マウスはアポトーシス研究に用いられる。

参考文献
  1. OhYama T, Tsukumo S, Yajima N, Sakamaki K, Yonehara S. Reduction of thymocyte numbers in transgenic mice expressing viral FLICE-inhibitory protein in a Fas-independent manner. Microbiol Immunol. 2000;44(4):289-97.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 EGFP, EhV2gp75 ORF E8
遺伝子名 Enhanced Green Fluorescent Protein, EhV2gp75
genotyping情報