HOME > マウス一覧 > FIR(Flox/+)ヘテロノックアウトマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio195
系統名 FIR(Flox/+)
正式名称
略称・別名
FIR(Flox/+)ヘテロノックアウトマウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 千葉大学大学院医学研究院 分子病態解析学
樹立者 松下 一之 先生
寄託者 松下 一之 先生
分譲条件 利用者は研究成果の公表に当たり寄託者の指定する文献を引用する。但し必須条件ではなく、有効活用を希望。 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

c-myc遺伝子転写抑制因子であるFIR (FUSE-binding protein-interacting repressor) のexon3, 4をloxP(バクテリオファージP1由来)ではさみNeomycin耐性遺伝子(大腸菌由来)をtargeting alleleに組み入れたFIR遺伝子のコンディショナルノックアウトマウスである。各種臓器の発がんにおけるFIRの役割の解明への応用が期待される。

参考文献
  1. Matsushita K, Tomonaga T, Shimada H, Shioya A, Higashi M, Matsubara H, Harigaya K, Nomura F, Libutti D, Levens D, Ochiai T. An essential role of alternative splicing of c-myc suppressor FUSE-binding protein-interacting repressor in carcinogenesis. Cancer Res. 2006 Feb 1;66(3):1409-17. PMID: 16452196
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 conditional KO
遺伝子記号 FIR
遺伝子名 FUSE-binding protein-interacting repressor
genotyping情報