HOME > マウス一覧 > FOXO1 Tgマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio023
系統名 FOXO1 Tg
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 (独)国立健康・栄養研究所 基礎栄養プログラム
樹立者 亀井 康富 先生
寄託者 亀井 康富 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

骨格筋において特異的にFOXO1を過剰発現するトランスジェニックマウスである。
FOXO1マウスは骨格筋の萎縮・増量の分子機構の解明および予防薬の開発のために有用である。「寝たきり」や「ギプス固定」等により骨格筋を使わない状態が続くと、骨格筋量が減少し、その機能が低下する(廃用性筋萎縮/アトロフィー)。しかし、この廃用性筋萎縮の生じるメカニズムは不明である。
 FOXO1はフォークヘッド型の転写因子であるとともに核内ホルモン受容体のコファクターである。FOXO1は絶食等のエネルギー欠乏状態により萎縮したマウス骨格筋において遺伝子発現が著しく増加する。FOXO1マウスを用いることによって、FOXO1が骨格筋量を減少させ、赤筋線維の遺伝子発現を負に制御する可能性が示された。

参考文献
  1. Kamei Y, Miura S, Suzuki M, Kai Y, Mizukami J, Taniguchi T, Mochida K, Hata T, Matsuda J, Aburatani H, Nishino I, Ezaki O. Skeletal muscle FOXO1 (FKHR) transgenic mice have less skeletal muscle mass, down-regulated Type I (slow twitch/red muscle) fiber genes, and impaired glycemic control. J Biol Chem. 2004 Sep 24;279(39):41114-23.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Foxo1
遺伝子名 Forkhead box O1
genotyping情報 Genotyping protocol for FOXO1 Tg mice (pdf).