HOME > マウス一覧 > Hsp60 Tg line #004マウス

マウス詳細データ: Hsp60 Tg line #004

系統情報
資源番号 nbio286
系統名 Hsp60 Tg line #004
正式名称
略称・別名
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6J Jcl
由来 (1)国立研究開発法人 国立成育医療研究センター研究所 薬剤治療研究部、(2)ユニーテック株式会社
樹立者 山内 淳司(1)、戸丸 久士(2)
寄託者 山内 淳司(1)、戸丸 久士(2)
分譲条件 共同研究に限る。指定文献の引用。研究成果公表時に寄託者へ謝辞の表明。提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

ミエリン塩基性蛋白質(MBP遺伝子)が発現する組織内でヒト変異HSP60遺伝子(D25G)が過剰発現するマウスである。HSP60は分子量約60kDaの熱ショック蛋白質で、蛋白質のフォールディングを助けるシャペロンとしての機能を持つことから、このマウスは神経系において変異HSP60による何らかの影響があるものと考えられる。line #004と#017の2ラインある。

参考文献
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法 IVF
遺伝子型 ヘテロと野生型が半分ずつ
凍結方法 DAP213
分譲までの期間 凍結精子
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 応相談
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 HSPD1
遺伝子名 heat shock protein family D (Hsp60) member 1
genotyping情報