HOME > マウス一覧 > Tg-Alpha-beta Crystallin(Arg120Gly)マウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio230
系統名 Tg-Alpha-beta Crystallin(Arg120Gly)
正式名称
略称・別名 HSPB5 R120G Tg
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 岩手医科大学 薬学部 薬剤治療学講座
樹立者 三部 篤
寄託者 三部 篤
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

低分子ストレスタンパク質の一つであるα-βクリスタリン (CryAB, 別名HSPB5) の点変異タンパク質CryAB (R120G) を心筋細胞特異的に発現させたトランスジェニックマウスであり、デスミン心筋症のモデルマウスである(文献1)。ATP感受性カリウムチャネル (K (ATP) チャネル) 開口作用を持つ抗狭心症薬であるニコランジルが、本マウスのデスミン心筋症病態を軽減し、生存を延長させることが示されている(文献2)。

参考文献
  1. Wang X, Osinska H, Klevitsky R, Gerdes AM, Nieman M, Lorenz J, Hewett T, Robbins J. Expression of R120G-alphaB-crystallin causes aberrant desmin and alphaB-crystallin aggregation and cardiomyopathy in mice. Circ Res. 2001 Jul 6;89(1):84-91.
  2. Sanbe A, Marunouchi T, Yamauchi J, Tanonaka K, Nishigori H, Tanoue A. Cardioprotective effect of nicorandil, a mitochondrial ATP-sensitive potassium channel opener, prolongs survival in HSPB5 R120G transgenic mice. PLoS One. 2011 Apr 25;6(4):e18922.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Cryab
遺伝子名 crystallin, alpha B
genotyping情報