HOME > マウス一覧 > Lck-Creマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio025
系統名 Lck-Cre
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 大阪大学医学系研究科
樹立者 竹田 潤二 先生
寄託者 竹田 潤二 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

T細胞特異的にCreリコンビナーゼを発現し、組織特異的遺伝子破壊に利用されるトランスジェニックマウスである。T細胞特異的な発現を制御するLck近位プロモーターが用いられている。T細胞に関連する免疫系研究に有用である。なお、トランスジーンはチロシナーゼ遺伝子と連鎖していることから、7番染色体に挿入されている可能性が高い。

参考文献
  1. Takahama Y, Ohishi K, Tokoro Y, Sugawara T, Yoshimura Y, Okabe M, Kinoshita T, Takeda J. Functional competence of T cells in the absence of glycosylphosphatidylinositol-anchored proteins caused by T cell-specific disruption of the Pig-a gene. Eur J Immunol. 1998 Jul;28(7):2159-66.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Lck, Cre
遺伝子名 Lymphocyte-specific protein tyrosine kinase, Cre recombinase
genotyping情報 Genotyping protocol for LCK-Cre mice (pdf).