HOME > マウス一覧 > Liver-UCP2/D

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio110
系統名 Liver-UCP2/D
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 (独)国立健康・栄養研究所 基礎栄養プログラム
樹立者 笠岡(坪山)宣代 先生
寄託者 笠岡(坪山)宣代 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

肝臓特異的にヒトUCP2を過剰発現させたトランスジェニックマウスで、ヒトの肥満・糖尿病発症の予防や治療の研究に利用可能と考えられる。ヒト血清アミロイドプロモーターを使用している。2ラインあり、AラインはヒトUCP2を正常の約2倍、Dラインは約10倍過剰発現している。なお、UCP2はミトコンドリア内膜で酸化的リン酸化反応を脱共役させ、エネルギー消費/熱産生に関与する脱共役タンパク質(uncoupling protein)の一つで、広範な組織に発現している。

参考文献
  1. Tsuboyama-Kasaoka N, Sano K, Shozawa C, Osaka T, Ezaki O. Studies of UCP2 transgenic and knockout mice reveal that liver UCP2 is not essential for the antiobesity effects of fish oil. Am J Physiol Endocrinol Metab. 2008 Mar;294(3):E600-6. Epub 2007 Dec 18.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Ucp2
遺伝子名 Uncoupling protein 2
genotyping情報