HOME > マウス一覧 > microRNA182 KOマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号 nbio265
系統名 microRNA182 KO
正式名称
略称・別名 miRNA182 KO
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 129/Sv
由来 国立循環器病研究センター研究所 病態ゲノム医学部
樹立者 内藤 由紀子 先生 (作製はingenious targeting laboratory, Inc.)
寄託者 内藤 由紀子 先生 (現所属: 北里大学医療衛生学部健康科学科)
分譲条件 指定文献の引用。研究成果公表時に寄託者へ謝辞の表明。分譲手続はこちら 
Animal Health Report
詳細

microRNA182のノックアウトマウスである。miRNA182は脂肪細胞分化により発現変化することを見出しており、眼球や褐色脂肪細胞に高発現されている。免疫やインスリン分泌などと関与する報告もある。本マウスは外見は正常で、網膜の異常は見られない。

参考文献
  1. Jin ZB1, Hirokawa G, Gui L, Takahashi R, Osakada F, Hiura Y, Takahashi M, Yasuhara O, Iwai N. Targeted deletion of miR-182, an abundant retinal microRNA. Mol Vis. 2009;15:523-33.
保存情報
精子 自家 遺伝子型 KO
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法 IVF
遺伝子型 Hetero
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Mir182
遺伝子名 microRNA 182
genotyping情報 Genotyping protocol for microRNA182 KO mice (pdf).