HOME > マウス一覧 > MPSマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio005
系統名 MPS
正式名称
略称・別名
マイコプラズマ易感染性マウス
系統分類 inbred
バックグラウンド系統
由来 医薬基盤・健康・栄養研究所 (国立予防衛生研究所)
樹立者 齋藤 学 先生
寄託者
分譲条件 無条件 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

MPSマウスは、Yok:ICRマウスの突然変異体由来のマイコプラズマ易感染性マウスである。ICR、ddYなど他系統と比較すると、マイコプラズマが容易に感染し、肺炎を発症する。マイコプラズマ感染実験、特に他系統との感染感受性の比較実験に有用なモデルである。

参考文献
  1. Sasaki Y, Ogura A, Nakayama K, Noguchi Y, Matsuno K, Saito M. Susceptibility of newly established mouse strain MPS to Mycoplasma pneumoniae infection. Microbiol. Immunol. 1991;35(3):247-52.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 spontaneous mutation
遺伝子記号 未確定
遺伝子名 未確定
genotyping情報