HOME > マウス一覧 > Mup-KOマウス

マウス詳細データ: Mup-KOマウス

系統情報
資源番号 nbio354
系統名 Mup-KO
正式名称
略称・別名
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6N
由来 医薬基盤・健康・栄養研究所 疾患モデル小動物研究室
樹立者 鈴木治
寄託者 鈴木治
分譲条件 提供承諾書が必要。共同研究に限る。分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細 SDS-PAGE

マウスでは肝臓で作られるMajor urinary protein(MUP)が大量に尿に排泄されるため健常でも蛋白尿である。本マウスはMup遺伝子群をゲノム編集(CRISPR/Cas9)によりノックアウトしたマウスで,Mup遺伝子群を全て欠失している。その結果,尿中のMUP(約20 kDa)が完全に消失している(写真参照)。MUPの研究や尿蛋白質研究のモデルとして活用が期待される。

参考文献
保存情報
精子自家遺伝子型
凍結方法
他機関遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間凍結精子手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Mup (cluster of multiple genes)
遺伝子名 Major urinary proteins
genotyping情報