HOME > マウス一覧 > NDRG1 KOマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio062
系統名 NDRG1 KO
正式名称 C57BL/6CrSlc-TgH(Ndrg1)114 NCVC
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 国立循環器病研究センター研究所 病因部
樹立者 宮田敏行先生
寄託者 宮田敏行先生 (現在の担当: 小亀浩市先生)
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

小胞体ストレス応答遺伝子であるNDRG1遺伝子のノックアウトマウスであり、遺伝性末梢神経変性疾患のCharcot-Marie-Tooth病4D型の疾患モデル動物である。
 ノックアウトマウスは生後3か月頃から後肢に運動機能障害が見られ、坐骨神経の病理組織学的解析では脱ミエリン化を伴う神経変性が認められる。NDRG1タンパク質はシュワン細胞に強発現していることから、ノックアウトマウスではシュワン細胞の機能低下による脱髄が起こり、運動機能が低下するものと考えられている。なお、ノックアウトマウスは雌雄ともに繁殖は可能であるが繁殖効率が悪く、ホモマウス誕生の比率が若干低い。

参考文献
  1. Okuda T, Higashi Y, Kokame K, Tanaka C, Kondoh H, Miyata T. Ndrg1-deficient mice exhibit a progressive demyelinating disorder of peripheral nerves. Mol Cell Biol. 2004 May;24(9):3949-56.(PMID: 15082788)
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Ndrg1
遺伝子名 N-myc downstream regulated 1
genotyping情報 Genotyping PCR for NDRG1 KO mice in PDF format