HOME > マウス一覧 > OH-1マウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio187
系統名 OH-1
正式名称
略称・別名
系統分類 hybrid
バックグラウンド系統
由来 奈良県立医科大学・地域健康医学
樹立者 秦野 修
寄託者 秦野 修
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

本変異マウスは、近交系C57BL/6N Jclマウス集団に自然発生的に出現し、歩行障害と成長遅延を示す。C57BL/6N Jclの遺伝背景において、出生時から著しい成長遅延を示し、乳児期に殆どの個体が死亡するが、離乳期以降まで生存した個体も、立脚・歩行障害を呈する。交配試験の結果、常染色体性優性遺伝を示し、ヘテロ個体でも病態が現れる。また、軟X線解析から、脛骨形成不全を呈し、腓骨が代償性に肥大し、両手両足の鏡像多指症が認められる。マウスで報告のある半肢症過剰足指変異 (hemimelic extratoes, Hx) に表現型が類似しているが、Hx変異の突然変異部位の近傍に塩基置換等の突然変異を認めていない。DBA/2との交配後、マイクロサテライト解析の結果、第5染色体に変異があることを見出している。本マウスは、現在、C57BL/6N JclとDBA/2Cr Slcの交雑系として維持されている。

参考文献
保存情報
精子 自家 遺伝子型 -/-
凍結方法 R18S3またはFERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型 -/-
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 spontaneus mutation
遺伝子記号 未確定
遺伝子名 未確定
genotyping情報