HOME > マウス一覧 > C57BL/6-Tg(p35/EGFP)Kyoマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio226
系統名 C57BL/6-Tg(p35/EGFP)Kyo
正式名称 C57BL/6-Tg(p35/EGFP)Kyo
略称・別名 βMHC-p35 Tg, p35/EGFP
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 京都大学 生命科学研究科 高次遺伝情報学分野
樹立者
寄託者 酒巻 和弘
分譲条件 利用者は研究成果の公表に当たり寄託者の指定する文献(下記)を引用し、寄託者への謝辞の表明を行う。 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

バキュロウイルスのp35及びEGFPを心筋細胞で特異的に発現するトランスジェニックマウスである。本マウスは、マウスβMHC (β-myosin heavy chain) プロモーターによりp35とEGFPが発現している。マウスバキュロウイルスのp35は、caspaseインヒビターであり、宿主細胞のアポトーシスを止めることが知られており、心筋細胞におけるアポトーシス研究に有用である。

参考文献
  1. Yajima N, Yamada S, Morisaki T, Toyokuni S, Yonehara S, Sakamaki K. Partial correction of abnormal cardiac development in caspase-8-deficient mice by cardiomyocyte expression of p 35. Transgenic Res. 2005 Oct;14(5):593-604.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Myh7, p35, EGFP
遺伝子名 [myosin, heavy chain 7, cardiac muscle, beta], p35, Enhanced Green Fluorescent Protein
genotyping情報