HOME > マウス一覧 > TS3; Agouti-revertant; pink

マウス詳細データ: TS3; Agouti-revertant; pinkマウス

系統情報
資源番号 nbio244
系統名 TS3; Agouti-revertant; pink
正式名称 HSP5-ru2
略称・別名 pink
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6
由来 岐阜大学 工学部 化学生命工学科 大学院自然科学技術研究科/大学院連合創薬医療情報研究科
樹立者 竹森 洋 先生
寄託者 竹森 洋 先生
分譲条件 お問い合わせ下さい(実験動物研究資源バンクの連絡先)。
Animal Health Report
詳細

C57BL/6由来の自然発症個体より系統化した,DSSで誘導後にDSSを止めても慢性化した下痢が続くマウスモデルである。 難病のクローン病のモデルとしても期待される。

ヘルマンスキー・パドラック症候群(指定難病164の一型)に関与するHps5遺伝子に点変異があり, 毛色が薄く目がピンク色になることから,「うす赤目マウス」やpinkマウスと呼称している。

製薬企業からの需要が高いため,実験動物を生産している日本SLC株式会社とライセンス販売契約を締結した。 現在,SLCと共同で量産のための繁殖法(ホモ変異個体は繁殖力が低い)やSNP Genotyping法を構築すると共に,餌の影響や薬物反応性などの基礎データを集めている。

参考文献
  1. Itoh Y, Nagaoka Y, Katakura Y, Kawahara H, and Takemori H. (2016) Simple chronic colitis model using hypopigmented mice with a Hermansky-Pudlak syndrome 5 gene mutation. Pigment Cell Melanoma Res 29(5):578-82. [PMID:27333462]
保存情報
精子自家遺伝子型ホモ型
凍結方法FERTIUP
他機関遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法IVF
遺伝子型ヘテロ型
凍結方法EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間凍結精子手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 突然変異
遺伝子記号 Hsp5
遺伝子名 Hermansky-Pudlak syndrome 5
genotyping情報