HOME > マウス一覧 > RapGAPマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio021
系統名 loxP-Rap1GAPII-Tg
正式名称
略称・別名
RapGAPマウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6Cr Slc
由来 国立循環器病研究センター研究所
樹立者 望月 直樹 先生
寄託者 望月 直樹 先生
分譲条件 共同研究に限る 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

FLAG-Tagged human Rap1GAPIIを過剰発現させたトランスジェニックマウス。導入ベクターはpCAGNL5で、CAGプロモーターを利用している。トランスジェニックマウス作製に使用した系統は、C57BL/6Cr Slcである。Cre発現マウスとの交配により、FLAG-Tagged human Rap1GAPIIが発現する。Rap1GAPIIは、低分子量Gタンパク質Rap1活性を抑制する。

参考文献
  1. Mochizuki N, Ohba Y, Kiyokawa E, Kurata T, Murakami T, Ozaki T, Kitabatake A, Nagashima K, Matsuda M. Activation of the ERK/MAPK pathway by an isoform of rap1GAP associated with Gαi. Nature. 1999 Aug 26;400(6747): 891-894.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Garnl4 (Rap1Gap2)
遺伝子名 GTPase activating RANGAP domain-like 4 (RAP1 GTPase activating protein 2)
genotyping情報