HOME > マウス一覧 > SCG/ThpNkcマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio133
系統名 SCG/ThpNkc
正式名称
略称・別名
SCG/Kjマウス
系統分類 inbred
バックグラウンド系統
由来 東北大学
樹立者 金城 幸健 先生 : 東北大学
寄託者 市川 裕一郎 先生 : 日本化薬(株)
分譲条件 利用者は研究成果の公表に当たり寄託者の指定する文献 (1) を引用する。但し、利用者が本資源を使用して得た研究成果に基づき特許等の申請及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細 SCG/Kjマウスの写真

難病である急速進行性糸球体腎炎のモデルマウスである。SCG/ThpNkcマウスは、BXSB/MpJ (BXSB) 雌とMRL/MpJ-lpr/lpr (MRL/lpr) 雄のハイブリッド系を兄妹交配して確立した系統(近交系)であるが、BXSBおよびMRL/lprでは認められない半月体形成性糸球体腎炎及びANCA関連血管炎を発症し、BXSBおよびMRL/lprに比べて早期に死亡する。これは、MRL/MpJ-lpr/lprに由来する自己免疫促進遺伝子lpr (Faslpr) を有するとともに、BXSB/MpJの遺伝的背景をもつためと考えられる。

系統維持方法

本マウスの雌では約8週齢より糸球体腎炎および血管炎を発症する個体がいるため、交配は6週齢から開始する。また、発症率を維持するために、離乳後に雌親に関して、尿蛋白および尿潜血(ウロペーパー)を調べ、さらに尿検査陽性個体に対して腎病理組織所見により半月体形成および血管炎発症の確認を行い、系統の選択を行う。

参考文献
  1. Kinjoh K, Kyogoku M, Good RA. Genetic selection for crescent formation yields mouse strain with rapidly progressive glomerulonephritis and small vessel vasculitis. Proc Natl Acad Sci U S A. 1993 Apr 15;90(8):3413-7. [PMID: 8475090]
  2. Neumann I, Birck R, Newman M, Schnülle P, Kriz W, Nemoto K, Yard B, Waldherr R, Van Der Woude FJ. SCG/Kinjoh mice: a model of ANCA-associated crescentic glomerulonephritis with immune deposits. Kidney Int. 2003 Jul;64(1):140-8. [PMID: 12787404]
  3. Ishida-Okawara A, Ito-Ihara T, Muso E, Ono T, Saiga K, Nemoto K, Suzuki K. Neutrophil contribution to the crescentic glomerulonephritis in SCG/Kj mice. Nephrol Dial Transplant. 2004 Jul;19(7):1708-15. [PMID: 15150352]
  4. Hamano Y, Tsukamoto K, Abe M, Sun GD, Zhang D, Fujii H, Matsuoka S, Tanaka M, Ishida-Okawara A, Tachikawa H, Nishimura H, Tokunaka K, Hirose S, Suzuki K. Genetic dissection of vasculitis, myeloperoxidase-specific antineutrophil cytoplasmic autoantibody production, and related traits in spontaneous crescentic glomerulonephritis-forming/Kinjoh mice. J Immunol. 2006 Mar 15;176(6):3662-73. [PMID: 16517735]
  5. Saiga K, Tokunaka K, Ichimura E, Toyoda E, Abe F, Yoshida M, Furukawa H, Nose M, Ono M. NK026680, a novel suppressant of dendritic cell function, prevents the development of rapidly progressive glomerulonephritis and perinuclear antineutrophil cytoplasmic antibody in SCG/Kj mice. Arthritis Rheum. 2006 Nov;54(11):3707-15. [PMID: 17075885]
  6. Saiga K, Yoshida M, Nakamura I, Toyoda E, Tokunaka K, Morohashi H, Abe F, Nemoto K, Nose M. Evaluation of the ameliorative effects of immunosuppressants on crescentic glomerulonephritis in SCG/Kj mice. Int Immunopharmacol. 2008 Sep;8(9):1183-9. [PMID: 18602063]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子  
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 要相談
遺伝子情報
作出方法 spontaneous mutation
遺伝子記号 Faslpr
遺伝子名 Fas (TNF receptor superfamily member 6)
genotyping情報