HOME > マウス一覧 > ShDock7 Tgマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio246
系統名 ShDock7 Tg
正式名称
略称・別名
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 国立成育医療研究センター 薬剤治療研究部
樹立者 山内 淳司, 鳥居 知宏
寄託者 山内 淳司, 鳥居 知宏
分譲条件 指定文献の引用, 謝辞の表明, 提供承諾書が必要, 共同研究に限る 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

Dock7遺伝子の全身性のノックダウンマウスであり、Dock7ショートヘアピン (sh) RNAを発現するトランスジェニックマウスである。Dock7は低分子量GTP結合蛋白質であるRhoファミリーの活性化因子であり、全身に発現しているため、本マウスは様々な組織での解析に使用できると考えられる。本マウスの研究からDock7が末梢神経のミエリン膜の形成を特異的に阻害する分子であることが判明し、ミエリン病型末梢神経変性疾患の治療への応用が期待される。

参考文献
  1. Yamauchi J, Miyamoto Y, Hamasaki H, Sanbe A, Kusakawa S, Nakamura A, Tsumura H, Maeda M, Nemoto N, Kawahara K, Torii T, Tanoue A. The atypical Guanine-nucleotide exchange factor, dock7, negatively regulates schwann cell differentiation and myelination. J Neurosci. 2011 Aug 31;31(35):12579-92.
  2. Torii T, Miyamoto Y, Nagao M, Onami N, Tsumura H, Maeda M, Nakamura K, Tanoue A, Yamauchi J. Knockdown of Dock7 in vivo specifically affects myelination by Schwann cells and increases myelin thickness in sciatic nerves without affecting axon thickness. Am J Mol Biol 2012 2: 210-216.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Dock7
遺伝子名 dedicator of cytokinesis 7
genotyping情報