HOME > マウス一覧 > SIK2-KOマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio071
系統名 SIK2-KO
正式名称
略称・別名
C57BL/6 SIK2-KOマウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 株式会社プロテイン・エクスプレス
樹立者 渡辺 俊介 先生
寄託者 渡辺 俊介 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

AMP依存性プロテインキナーゼ (AMPK) ファミリーに属する蛋白リン酸化酵素であるSIK2のノックアウトマウスである。SIKはアルドステロンの合成調節に関わる因子として高塩食を投与したラットの副腎から単離され、塩誘導性キナーゼ (Salt Inducible Kinase, SIK) と名付けられ、SIK1、SIK2、SIK3の3つのアイソフォームがある。SIK2は脂肪細胞で高発現しており、またインスリンシグナル伝達への関与も示唆されていることから、SIK2-KOマウスは糖・脂質代謝研究に有用と考えられる。

参考文献
  1. Horike N, Takemori H, Katoh Y, Doi J, Min L, Asano T, Sun XJ, Yamamoto H, Kasayama S, Muraoka M, Nonaka Y, Okamoto M. Adipose-specific expression, phosphorylation of Ser794 in insulin receptor substrate-1, and activation in diabetic animals of salt-inducible kinase-2. J Biol Chem. 2003 May 16;278(20):18440-7. (PMID: 12624099)
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Sik2
遺伝子名 Salt-inducible kinase 2
genotyping情報