HOME > マウス一覧 > skDNTRPV2-TG

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio250
系統名 skDNTRPV2-TG
正式名称
略称・別名 ドミナントネガティブ TRPV2骨格筋特異的過剰発現トランスジェニックマウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6J
由来 国立循環器病研究センター 分子生理部
樹立者 岩田 裕子 先生
寄託者 岩田 裕子 先生
分譲条件 共同研究に限る。提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

骨格筋特異的にTRPV2のチャネルポア変異体(E604K)を発現するトランスジェニックマウスであり、骨格筋におけるTRPV2の役割を調べることができる。

参考文献
  1. Iwata Y, Katanosaka Y, Arai Y, Shigekawa M, Wakabayashi S. Dominant-negative inhibition of Ca2+ influx via TRPV2 ameliorates muscular dystrophy in animal models. Hum Mol Genet. 2009 Mar 1;18(5):824-34.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Trpv2, ACTA1
遺伝子名 mouse transient receptor potential cation channel, subfamily V, member 2; human alpha-skeletal actin promoter
genotyping情報