HOME > マウス一覧 > Col11a2-Smad6マウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio130
系統名 Col11a2-Smad6
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 京都大学iPS細胞研究所
樹立者 妻木 範行 先生
寄託者 山中 伸弥 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

軟骨細胞特異的にSmad6を発現させたトランスジェニックマウスであり、骨減少症を伴う小人症を呈する。Col11a2(XI型コラーゲンα2鎖遺伝子)のpromoter/enhancerを用いることで軟骨細胞特異的に発現が制御されている。このマウスでは、内軟骨性骨化において軟骨細胞の増殖はほぼ正常であるが、軟骨細胞の肥大化が遅延していることが示されており、このことが骨の成長・形成の障害と関連しているものと考えられている。
 骨・軟骨形成に重要な骨形成因子 (bone morphogenetic protein, BMP) のシグナル伝達におけるSmad6の生体での役割解明に有用なマウスであり、整形外科運動器疾患の治療に向けた基礎研究に貢献することが期待される。なお、SmadはTGF-βスーパーファミリーの増殖分化因子の細胞内シグナルを伝達する蛋白質で、その機能から特異型Smad、共有型Smad及び抑制型Smadに分類されており、Smad6は抑制型Smadである。

参考文献
  1. Horiki M, Imamura T, Okamoto M, Hayashi M, Murai J, Myoui A, Ochi T, Miyazono K, Yoshikawa H, Tsumaki N. (2004) Smad6/Smurf1 overexpression in cartilage delays chondrocyte hypertrophy and causes dwarfism with osteopenia. J Cell Biol. May 10;165(3):433-45. [PMID: 15123739]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Smad6
遺伝子名 SMAD family member 6
genotyping情報