HOME > マウス一覧 > TBK1, IKKi, TNF KOマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号 nbio156
系統名 TBK1, IKKi, TNF KO
正式名称
略称・別名 IKKi (Ikbke) マウス
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 大阪大学免疫学フロンティア研究センター
樹立者 審良 静男 先生
寄託者 審良 静男 先生
分譲条件 提供承諾書が必要,但しTNF KOマウス(ホモ,ヘテロともに)の記載が必要な場合は下記論文(3)を引用し,C57BL/6コンジェニックで使用したことを記載すること(オリジナルのTNF KOマウスの樹立者である関川賢二先生の寄託条件)。分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

IKKファミリーに属するTBK1(TANK-Binding Kinase 1)とIKKi(inducible IκB kinase)は,ともにRIG-1(Retinoic acid inducible gene-1)ファミリーやTLR3及びTLR4の下流にあるシグナル伝達分子で,I型インターフェロンの産生に必須である。 これらの遺伝子のノックアウト(KO)マウスは,病原体感染やDNAワクチンによる自然免疫賦活化の作用機序解明などに有用なモデルマウスである。 TBK1 KOマウスが胎性致死で,TBK1 KO/TNF KOダブルKOマウスが生存することなどのため,IKKi+/- TBK1-/- TNF-/-及びIKKi-/- TBK1+/- TNF-/-の遺伝子型をもつマウス♂が寄託され, C57BL/6Jマウス♀との体外受精によって資源化している。なお、IKKi/TBK1/TNFトリプルKOも胎性致死である。分譲希望者はバンクに問い合わせて下さい。

参考文献
  1. Koyama S, Ishii KJ, Kumar H, Tanimoto T, Coban C, Uematsu S, Kawai T, Akira S. Differential role of TLR- and RLR-signaling in the immune responses to influenza A virus infection and vaccination. J Immunol. 2007 Oct 1;179(7):4711-20. [PMID: 17878370]
  2. Hemmi H, Takeuchi O, Sato S, Yamamoto M, Kaisho T, Sanjo H, Kawai T, Hoshino K, Takeda K, Akira S. The roles of two IκB kinase-related kinases in lipopolysaccharide and double stranded RNA signaling and viral infection. J Exp Med. 2004 Jun 21;199(12):1641-50. [PMID: 15210742]
  3. Taniguchi T, Takata M, Ikeda A, Momotani E, Sekikawa K. Failure of germinal center formation and impairment of response to endotoxin in tumor necrosis factor α-deficient mice. Lab Invest. 1997 Dec;77(6):647-58. [PMID: 9426403]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Tbk1 (1200008B05Rik), Ikki (Ikbke, IKKepsilon), Tnf (DIF, TNF α, TNF-α, Tnfa, TNFα, Tnfsf1a, tumor necrosis factor-α)
遺伝子名 TANK-Binding Kinase 1, Inducible IκB kinase, Tumor necrosis factor
genotyping情報 PCR protocol for genotyping Tbk1-ko alleles : pdf file