HOME > マウス一覧 > TH-Luc 176

マウス詳細データ: TH-Luc 176

系統情報
資源番号 nbio307
系統名 TH-Luc 176
正式名称
略称・別名
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6J Jcl
由来 奈良先端科学技術大学院大学
樹立者 菅野美津子 先生
寄託者 菅野美津子 先生
分譲条件 指定文献の引用。提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

ダイオキシン関連化合物の毒性は,主にアリルハイドロカーボン受容体(AhR)シグナル経路により仲介される。 AhRの結合モチーフとしてAhR-responsive element III(AHRE-III)があり,このモチーフはTyrosine hydroxylase(Th)の上流にコードされている。 Th-Lucマウスは,ThエンハンサーであるAHRE-IIIとThプロモーターによって発現するc-myc-tag付きのルシフェラーゼを発現するトランスジェニックマウスで(下図参照), このマウスを用いるとアリルハイドロカーボン受容体活性化物質(ダイオキシン,PCB,ベンツピレン等)の暴露によるドーパミン神経細胞への影響を調べることが出来る。 176系, 177系, 183系の3サブラインある(導入コピー数が異なる)。文献では176系が使用された。

Transgeneの構造

参考文献
  1. Tanida T, Tasaka K, Akahoshi E, Ishihara-Sugano M, Saito M, Kawata S, Danjo M, Tokumoto J, Mantani Y, Nagahara D, Tabuchi Y, Yokoyama T, Kitagawa H, Kawata M, and Hoshi N. (2014) Fetal exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin transactivates aryl hydrocarbon receptor-responsive element III in the tyrosine hydroxylase immunoreactive neurons of the mouse midbrain. J Appl Toxicol 34(2):117-26. [PMID:23296914]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法
他機関 遺伝子型 Tg/+ (Hemizygous)
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型 Tg/+ (Hemizygous)
凍結方法 DAP213
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Th
遺伝子名 マウスTyrosine hydroxylase enhancer/promoter,ホタルLuciferase,SV40 PolyA,c-myc-tag
genotyping情報