HOME > マウス一覧 > Translin KOマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号 nbio055
系統名 Translin KO
正式名称
略称・別名
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 国立感染症研究所免疫部
樹立者 葛西 正孝 先生
寄託者 葛西 正孝 先生
分譲条件 共同研究に限る 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

マウスTranslin遺伝子(GeneBank X81464)の全エクソン(全長10.5 kb)のゲノムDNAを欠損したノックアウト(KO)マウスである。

Translin KOマウスでは幼年期に著しいリンパ球減少症が認められる。一方,約8-10ヶ月を経過したTranslin KOマウスでは,骨髄中の幼若骨髄系細胞と赤芽球が減少して重篤な骨髄不全に陥り,慢性骨髄性白血病や骨髄線維症で見られるような巨大脾腫(splenomegaly)を呈する。

参考文献
  1. Fukuda Y, Ishida R, Aoki K, Nakahara K, Takashi T, Mochida K, Suzuki O, Matsuda J, Kasai M. Contribution of Translin to hematopoietic regeneration after sublethal ionizing irradiation. Biol Pharm Bull, 31(2):207-211, 2008.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Tsn
遺伝子名 Translin
genotyping情報