HOME > マウス一覧 > 11Prom-Creマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号 nbio128
系統名 11Prom-Cre
正式名称
略称・別名 LP-Cre, 742-Cre
系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 京都大学iPS細胞研究所
樹立者 妻木 範行 先生
寄託者 山中 伸弥 先生
分譲条件 提供承諾書が必要 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

後期増殖軟骨細胞以降のステージで軟骨細胞特異的にCre酵素を発現する。conditional transgenic/knockout mouseシステム(Cre/loxPシステム)で用いるマウスである。 Cre酵素は、Col11a2(XI型コラーゲンα2鎖遺伝子)プロモーターによって発現が制御されている。 このマウスの応用例としては、Col11a2-LacZflox-Smad7マウス(nbio127)と交配することで、Smad7を後期増殖軟骨細胞以降のステージで軟骨細胞特異的に発現させ、 軟骨細胞分化におけるSmad7の生体での役割解明に利用されている。整形外科運動器疾患の治療に向けた基礎研究に貢献することが期待される。

参考文献
  1. Iwai T, Murai J, Yoshikawa H, Tsumaki N (2008) Smad7 Inhibits chondrocyte differentiation at multiple steps during endochondral bone formation and down-regulates p38 MAPK pathways. J Biol Chem 283:27154-27164. [PMID: 18644788]
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Col11a2, Cre
遺伝子名 Collagen, type XI, alpha 2, Cre recombinase
genotyping情報