HOME > マウス一覧 > ICGNマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio004
系統名 ICGN
正式名称
略称・別名
ICR-derived glomerulonephritisマウス
系統分類 inbred
バックグラウンド系統
由来 医薬基盤・健康・栄養研究所(国立予防衛生研究所)
樹立者 小倉 淳郎 先生
寄託者
分譲条件 無条件 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細 ICGNの写真

ICGN系マウスは、ICR系マウス突然変異体由来の新規な病態モデル動物で、加齢とともに腎炎を発症し病態が進行する。2006年にtensin2が原因遺伝子であることが分かった(参考文献1および「原発性ネフローゼマウスマウスの解析」ページ参照)。

このマウスは病態の進行にともない様々な段階の糸球体病変(腎糸球体基底膜の肥厚、糸球体足突起消失やメサンギウム細胞の増殖をともなわないメサンギウム領域の拡張など)を呈するようになる(2-6)。さらに病態末期においては尿細管拡張、尿細管間質部病変も認められる。またタンパク尿、低タンパク血症、高脂血症、全身性浮腫および腎性貧血の症状も認められる。これまでの病理組織学的所見や臨床生化学的検査結果から、これまでになかったヒトにおける特発性腎炎症候群の有用な実験モデルとして貴重なものであると考えられており、この病態動物の発症機序を解明することはヒト特発性腎炎の病因解明に貢献することが期待される。

参考文献
  1. Cho A-R, Uchio-Yamada K, Torigai T, Miyamoto T, Miyoshi I, Matsuda J, Kurosawa T, Kon Y, Asano A, Sasaki N, Agui T. Deficiency of the tensin2 gene in the ICGN mouse, an animal model for congenital nephrotic syndrome. Mammalian Genome, 2006 May;17(5):407-416
  2. Ogura, A., Asano, T., Matsuda, J., Noguchi, Y., Yamamoto, Y., Takano, K. and Nakagawa, M. 1989 Development of nephrotic ICGN mice: the origin, reproductive ability, and incidence of glomerulonephritis. Exp. Anim. 38: 349-352.
  3. Ogura, A., Asano, T., Matsuda, J., Takano, K., Nakagawa, M. and Fukui M. 1989. Characteristics of mutant mice (ICGN) with spontaneous renal lesion: a new model for human nephrotic syndrome. Lab. Anim. 23: 169-174.
  4. Ogura, A., Asano, T., Suzuki, O., Yamamoto, Y., Noguchi, Y., Kawaguchi, H. and Yamaguchi, Y. 1994. Hereditary nephrotic syndrome with progression to renal failure in a mouse model (ICGN strain): clinical study. Nephron 68: 239-244.
  5. Ogura, A., Fujimura, H. Asano, T. Koura, M., Naito, I. and Kobayashi, Y. 1995. Early ultrastructural glomerular alteration in neonatal nephrotic mice (ICGN strain). Vet. Pathol. 32: 321-323.
  6. Uchio, K., Manabe, N. Tamura, K., Miyamoto, M., Ogura, A.,Yamamoto, Y. and Miyamoto, H. 2000. Decreased matrix metalloproteinase activity in the kidneys of hereditary nephrotic mice (ICGN mice). Nephron 86: 145-151.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 spontaneus mutation
遺伝子記号 Tenc1 (Tensin 2)
遺伝子名 Tensin like C1 domain containing phosphatase
genotyping情報