HOME > マウス一覧 > mTRAX Tg#4

マウス詳細データ: mTRAX Tg#4

系統情報
資源番号 nbio273
系統名 mTRAX Tg#4
正式名称
略称・別名
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6JJmsSlc
由来 国立感染症研究所 免疫部
樹立者 葛西 正孝 先生
寄託者 葛西 正孝 先生
分譲条件 指定文献の引用。研究成果公表時に寄託者へ謝辞の表明。提供承諾書が必要 分譲手続はこちら 
Animal Health Report
詳細

マウスTraxをCAGプロモーター下で全身に発現するトランスジェニックマウスである。Trax蛋白は、Translin(TSN)とヘテロポリマーを形成してRNase活性を示すことが知られている(Science 325(5941):750-753, 2009)。また、当Bankから供与されたTSN KOマウス(Nbio055)を用いて、TSN/Trax RNase がDicer欠損細胞におけるmiRNAの減少に関わっていることが示された(Cell Reports 9(4):1471-81, 2014)。本マウスはDicer欠損に起因する様々な発生異常の解明に役立つことが期待される。

参考文献
  1. Aoki, K., Ishida, R. and Kasai, M. Isolation and characterization of a cDNA encoding a Translin-like protein, TRAX. FEBS Letters, 401:109-112 (1997)
保存情報
精子 自家 遺伝子型 Tg/+
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Tsnax, Trax
遺伝子名 translin-associated factor X
genotyping情報