HOME > マウス一覧 > SIK3-KOマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio157
系統名 SIK3-KO
正式名称
略称・別名

系統分類 mutant
バックグラウンド系統
由来 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
樹立者 竹森 洋 先生
寄託者 竹森 洋 先生
分譲条件 学術利用のみに利用。分譲同意書(申請者情報記載済み)のコピーは寄託者に送られる。利用者は研究成果の公表に当たり寄託者の指定する文献 (1, 2) を引用すること。
分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

AMP依存性プロテインキナーゼ (AMPK) ファミリーに属する蛋白リン酸化酵素であるSIK3のノックアウトマウスである。SIKはアルドステロンの合成調節に関わる因子として高塩食を投与したラットの副腎から単離され、塩誘導性キナーゼ (Salt Inducible Kinase, SIK) と名付けられ、SIK1、SIK2、SIK3の3つのアイソフォームがある。SIK3-KOマウスは糖・脂質代謝研究に有用と考えられる。今後、KK-Ayを遺伝的バックグラウンドにもつSIK3-KOマウスも公開予定である。なお、SIK2-KOマウスも分譲可能である。

Outline of SIK3-KO mice
参考文献
  1. Uebi T, Itoh Y, Hatano O, Kumagai A, Sanosaka M, Sasaki T, Sasagawa S, Doi J, Tatsumi K, Mitamura K, Morii M, Aozasa K, Kawamura T, Okumura M, Nakae J, Takikawa H, Fukusato T, Koura M, Nish M, Hamsten A, Silveira A, Bertorello AM, Kitagawa K, Nagaoka Y, Kawahara H, Tomonaga T, Naka T, Ikegawa S, Tsumaki N, Matsuda J,Takemori H. Involvement of SIK3 in glucose and lipid homeostasis in mice. PLoS ONE (2012) 7 e37803
  2. Sasagawa S, Takemori H, Uebi T, Ikegami D, Hiramatsu K, Ikegawa S, Yoshikawa H, Tsumaki N. SIK3 is essential for chondrocyte hypertrophy during skeletal development in mice. Development (2012) 139: 1153-63(PMID:22318228)
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 knockout
遺伝子記号 Sik3
遺伝子名 Salt Inducible Kinase 3
genotyping情報 Genotyping PCR for SIK3KO mice in pdf file format.