HOME > マウス一覧 > Yok:ICRマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号 nbio008
系統名 Yok:ICR
正式名称
略称・別名
系統分類 outbred
バックグラウンド系統
由来 医薬基盤・健康・栄養研究所(国立予防衛生研究所)
樹立者 高野 薫 先生
寄託者
分譲条件 無条件 分譲手続はこちら
Animal Health Report
詳細

スイス系マウス由来のアルビノマウス。米国チャールス・リバー社から導入され,クローズドコロニーで維持されてきた。繁殖・発育は良好,一般研究用として多くの研究者が利用している。感染症、免疫学研究、安全性評価など広い目的に利用可能。Yok:ICRマウスのコロニーから MPS(マイコプラズマ易感染性マウス)ICGN(ネフローゼマウス)を作出してきた。

参考文献
  1. Ogura A., Asano J., Matsuda J., Noguchi Y., Yamamoto Y., Takano K., Nakagawa M. (1989) Development of nephrotic ICGN mice — the origin, reproductive ability, and incidence of glomerulonephritis. Exp Anim, 38(4):349-352.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法
遺伝子記号
遺伝子名
genotyping情報